尾上菊之丞のプロフィール


日本舞踊尾上流四代家元/公益社団法人日本舞踊協会会員/京都造形大学非常勤講師
1976年生まれ 東京都出身
尾上墨雪(二代目尾上菊之丞)の長男として生まれる。
2011年尾上流四代家元を継承し三代目尾上菊之丞を襲名。
2歳から父に師事し、1981年「松の緑」で初舞台(5歳)。1990年尾上青楓の名を許され、舞踊家として本格的に活動を開始。
1999年よりリサイタル「尾上青楓日本舞踊公演」、2000年より「近くで観る日本舞踊」を主宰。2008年より市川染五郎・藤間勘十郎両氏と共同で「趣向の華」、2010年より茂山逸平氏と共同で「逸青会」を主宰。その他、尾上墨雪主宰の「冬夏会」・日本舞踊協会主催公演・国立劇場主催公演に出演。更に歌舞伎俳優、能楽師など幅広いジャンルの芸能者とのコラボレーションに挑戦し、数多くの作品創りを手掛けている。振付師としても「NINAGAWA十二夜」(2007)をはじめとする歌舞伎公演、宝塚歌劇団、万博の振付。渡辺えり演出「瞼の母」、蜷川幸雄演出「僕の四谷怪談」などの振付・所作指導。花街舞踊、新橋「東をどり」・先斗町「鴨川をどり」では花柳界の師匠として演出・振付を手掛ける。

主な参加公演

明治座特別芸術公演「伝統芸能の若き獅子たち」(2001.2003)/市川染五郎プロデュース傾奇「魑魅魍魎的」(2002)「麻布十番ん」(2004)「不二才」(2006)/サントリーホール主催「旬翔るin Suntory」(2003)/カウントダウンライブ「傅‐未来へ」(2003)/スペインセビリア万博(1992)/リトアニア「ジャパンウィーク」(1995)/愛・地球博(2005)/日本舞踊協会創作舞踊劇場公演「安土切支丹能」(2000)「火の鳥(黎明編)」(2001)「火の鳥(転生編)」(2004)「陰陽師」(2005)「予言(マクベス)」(2007)/「至高の華」(2007)/能楽劇「夜叉ケ池」(2007)/野村萬斎企画「獅子虎傳阿吽堂」(2008)/国立劇場特別公演「人智千響」(2008)/林英哲コラボレーションライブ2009「情熱の青雲・風雲」(2009)/三響会(2009、2012)/京都創生座公演「四神記 神降る都の物語」(2009、2010、2012)/「亀治郎の会」(2010)/創作傾奇おどり「渋谷金王丸伝説」(2010、2012)/「みずほホールディングスプレゼンツ・成人コンサート」(2012)/長崎街道開通400年記念「花の都の西・東」(2012)/「舞踊詩 黄金の夢」(2012)

主な振付活動

新作「風波」(1999)尾上青楓日本舞踊公演にて発表/義太夫「那須の興一」(2001)明治座「伝統芸能の若き獅子たち」/「天の浮橋」(2003)明治座「伝統芸能の若き獅子たちⅡ」にて林英哲氏との合同作品/「にっぽん華座特別催事・創生歌舞伎踊り」(2005)愛・地球博にて/歌舞伎公演「NINAGWA十二夜」(2007)歌舞伎座/「天真北斗」(2008、2009)国立劇場特別公演「人智千響」・林英哲コラボレーションライブ「情熱の青雲・風雲」/新作義太夫「清経」(2010)、新作舞踊劇「梅雨将軍信長」(2010)第3回尾上青楓日本舞踊公演/「祈願(いのり)」(2010)若柳吉蔵リサイタル/新作舞踊狂言「千鳥」(2011)「逸青会」/河東節「弓始」(2011)「素踊り三人の会」/「六斎念仏」(2012)「日本の祈り」/東明「雪」(2012)「藤間勘十郎による東明舞踊の会」/新作舞踊狂言「樋の酒」(2012)「逸青会」/一調一管「獅子」(2012)「三響會」/傾奇おどり「渋谷金王丸伝説」(2012)/新作舞踊狂言「岐佐の鼻」(2012)

受賞歴

1995年

日本舞踊協会主催新春舞踊大会大会賞

1996年

日本舞踊協会主催新春舞踊大会大会賞

1997年

日本舞踊協会主催新春舞踊大会大会賞・会長賞

2010年

舞踊批評家協会新人賞

2012年

花柳壽應賞新人賞


その他

二代尾上菊之丞をはじめ、囃子を藤舎呂船師、浄瑠璃を常磐津英寿師、長唄三味線を今藤政太郎師、謡・仕舞を浅見真州師(観世流シテ方)に師事。