尾上菊之丞のプロフィール


尾上流師範/(社)日本舞踊協会・参与。
1976年生まれ 東京都出身
日本舞踊尾上流三代家元・二代尾上菊之丞の長男として生まれる。
2歳から父・尾上菊之丞に師事し、1981年「松の緑」で初舞台(5歳)。1990年に尾上流・尾上青楓の名を許されて以降、日本舞踊家として本格的に活動を開始。自身主宰のリサイタルをはじめとして、尾上菊之丞主宰の冬夏会や(社)日本舞踊協会主催公演、国立劇場主催公演などに出演。更には歌舞伎俳優、その他幅広いジャンルのアーティストとのコラボレーションなどにも積極的に挑戦している。また、振付師としても、歌舞伎公演「NINAGAWA十二夜」(2007)をはじめとして、宝塚歌劇団、万博などの振付も手掛けている。主な主宰公演は「尾上青楓日本舞踊公演」(1999〜)「近くで観る日本舞踊」(2000〜)。

主な参加公演

明治座特別芸術公演「伝統芸能の若き獅子たち」(2001.2003)/市川染五郎プロデュース傾奇「魑魅魍魎的」(2002)「麻布十番ん」(2004)「不二才」(2006)/サントリーホール主催「旬翔るin Suntory」(2003)/カウントダウンライブ「傅‐未来へ」(2003)/スペインセビリア万博(1992)/リトアニア「ジャパンウィーク」(1995)/愛・地球博(2005)/日本舞踊協会創作舞踊劇場公演「安土切支丹能」(2000)「火の鳥(黎明編)」(2001)「火の鳥(転生編)」(2004)「陰陽師」(2005)「予言(マクベス)」(2007)/「至高の華」(2007)/能楽劇「夜叉ケ池」(2007)

主な振付活動

新作「風波」(1999)尾上青楓日本舞踊公演にて発表/義太夫「那須の興一」(2001)明治座「伝統芸能の若き獅子たち」/「天の浮橋」(2003)明治座「伝統芸能の若き獅子たちⅡ」にて林英哲氏との合同作品/「にっぽん華座特別催事・創生歌舞伎踊り」(2005)愛・地球博にて/歌舞伎公演「NINAGWA十二夜」(2007)歌舞伎座

受賞歴

1995年

日本舞踊協会主催新春舞踊大会大会賞

1996年

日本舞踊協会主催新春舞踊大会大会賞

1997年

日本舞踊協会主催新春舞踊大会大会賞・会長賞


その他

二代尾上菊之丞をはじめ、囃子を藤舎呂船師、浄瑠璃を常磐津英寿師、長唄三味線を今藤政太郎師、謡・仕舞を浅見真州師(観世流シテ方)に師事。