尾上紫の日記

久々の更新

2012.11.18

冬夏会では、たくさんのご来場、そしてご声援をいただき、
誠にありがとうございました。
父が改名して初めての冬夏会でしたが、無事に終わり、嬉しく思います、
私も、父の歳になっても、父のように元気に舞台に立ちたいと思いました。
精進あるのみですね。
今後ともよろしくお願いいたします。


さて、久しぶりの更新ですが、
NHK大河ドラマ「平 清盛」に祇王役で出演します。
出演日はこちら↓


☆11月18日(日)第45話
☆11月25日(日)第46話 ※いずれも再放送枠あり


清盛がクライマックスに向けて、どのように転落していくのか!
是非、ご覧下さいませ!



呂大夫さんを偲んで

2012.05.09

先日6日に呂大夫さんの追善公演で、
呂大夫さん作曲で、以前、冬夏会で上演した、「梟祈願」を
久しぶりに踊りました。
ひさしぶり・・・約10年ぶりです。
今回で私が出演するのは三度目。
そして今回は父との共演でした。
初出演は呂大夫さんがお元気で、当然、
語りで出演されていました。


私はまだ19歳。父の創作作品にも数回しか出演していない頃で、
この作品は本当に難しく、それだけでなく、身体的にも辛くて、
ひどく怒られながら稽古していました。
当時の記憶としては、とにかく辛くて、どこへ向かって
稽古しているのかもわかりませんでした。


それを母に励まされ・・・というほど甘い言葉はなくて、
もっと、しっかりやりなさい、、、みたいなことを言われ、
父親の作品としてやるんだから、と
それまでは、踊ることが好きで楽しいことくらいに思っていたので、
初めて責任を感じました。

内容はわからないし、全然うまく踊れないけど、
とにかく目一杯、身体をつかって、無我夢中でやろうと
思った。


結果、私の転機となった踊りだったと思うけど、
今考えると、作品のテーマはやっぱりわかっていなかったと思う。
思い出すのは、呂大夫さんが私に、
紫ちゃんが手を合わせるところで、涙が出た
とおっしゃってくださったこと。
嬉しかった。すごく救われた思いがしました。

二度目は呂大夫さんが亡くなった後、
テーマを頭で理解できるくらいの年齢だったけど、
そこには呂大夫さんの姿がなく、それが不思議だったし、
悲しかった。
呂大夫さんが、涙が出たと言ってくださった振りのところで、
踊りながら涙が止まらなかった。
年齢的にも、この役は最後だと思っていた。

なのに、三度目がやってきた。
あの辛さを思うと、なかなか覚悟が決まらなくて、稽古に入る勇気が
ないくらいだったけど、やるからには、ちゃんとしないと。
今回は、呂大夫さんも、そして母もいない。

でも作品のテーマは一番理解できる歳になった
・・・なってしまった。
あるがまま生きて感謝すること。
そうするしか、生き物は救われないのだと思う。

前回は最後と思ったけれど、今回は、また次があってもいいかも、
と思えたから不思議です。
三度目があったのは呂大夫さんの存在があったから実現したもの。
それでも、いまもう共演することができないのが、
ただ、ただ残念で、哀しいです。
今でも、あの優しい笑顔とお声が近くにあるような
そんな気がした日でした。



明治神宮奉納舞踊!

2012.05.02

201205021533000.jpg


今日は明治神宮で奉納舞踊を勤めて参りました!
踊ったのは、長唄「島の千歳」。

あいにくの雨でしたが、
神前の神聖な雰囲気の中、
踊れることに、とても幸せを感じ、感謝しました。

踊りながら受ける風の清々しさ、
雨の音によって余計なものがすべてかき消されて洗い流されていく感じ、

そして新緑の景色とその香りの素晴らしさ、

本当に神秘的で貴重な体験をさせていただきました。

踊ることの原点を改めて確信したような気がします。

今後も精進して参りたいと思います。


写真は、やはり奉納舞踊を勤めた、襲名したばかりの、猿若清三郎さんと。


芸能・百花繚乱@NHK・Eテレ出演!

2012.04.21

%E6%A1%9C.jpg


あっという間に桜が散ってしまいましたが、
良いお花見ができたでしょうか。
私は、たまたま夫の仕事で京都に行き、満開ではないものの、
久しぶりに京都の美しい桜を観ることができました。

さて、今日はテレビ出演のご案内をさせていただきます。
4月27日(金)22:15〜23:00NHK・Eテ「芸能百花繚乱」で、
2月の日本舞踊協会公演での長唄「阿国歌舞伎夢華」の劇場中継が
放送されます。
私は、阿国役で出演しておりますので、是非!ご覧ください!!

よろしくお願いいたします。


ご報告

2012.03.22

%E9%9D%92%E5%AD%A6%E6%8C%99%E5%BC%8F%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC


皆様にご報告があります。
この度、私、尾上紫は3月20日に、日本舞踊家の西川扇左衛門さんと、
私の母校である、青山学院の礼拝堂で挙式し、夫婦となりました。

昨年から尾上流の襲名公演が続き、なかなか改めてご報告する場もなく、
皆さんへのご報告がおそくなってしまって、ごめんなさい。

結婚を誓い、新しい生活をはじめようとした時、震災が起こりました。
多くの尊い命が亡くなり、街から灯りが消え、今まで当たり前だと思っていたことが
そうでなかったことに気づき、色々なことを考えさせられるなかで、
家族や友人、隣にいてくれる人の大切さを改めて感じました。

今こうして、人生のパートナーができたことを本当に幸せに思います。

これから先、楽しいことも辛いこともあると思いますが、
お互い支え励まし合って、良き舞踊家、俳優へと成長しながら、
明るい家庭を築いていきたいと思います。

今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします。
皆様にも幸せが訪れますように。

尾上 紫


いざや かぶかん!

2012.02.25

DSC_0065.jpg


日本舞踊協会公演、無事に終わりました!
ご来場下さった方、応援して下さった方、
そして共演者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです!
ありがとうございました!


襲名公演@京都の少し前から稽古が始まり、
とにかく本番まで走り抜いた感があります!


今まで出雲のお国を扱った作品には、踊り、ドラマ、と二度出演しましたが、

どちらも阿国ではない役で、自分に阿国役がまわってくることはないだろうと
なんとなく、そう思っていましたから、
今回お話をいただいたときは、結構驚きました!


でも舞踊をやっている身としてはやはり憧れの役だったので、
素直に嬉しくもありました。


とはいえ、自分があまりやったことのない役柄で、とても難しくもありました。

とにかく心を込めて踊り、楽しむこと、
ありのままの自分で、懸命に勤めるだけでした。


自分と阿国の共通点は、踊りが自分の生きる活力で、
日々、踊りに励まされ、
踊りを心から楽しんでいる

この点だと思うので、もしそれを感じていただけていたら幸いです。


稽古中、共演の方たちとなかなか馴染めず、おどおどしていた時に、
逆に皆さんの方から寄って来てくださったことが、とても励みになりました。


劇中のラストで阿国が、恋人の山三を亡くした哀しみから、
女歌舞伎の皆さんに鼓舞され、再び踊り始めるのですが、


私も皆さんに励まされて舞台に立っていました。
本当に感謝です!


NHKが収録してくださったので、オンエア決まりましたら、
ご案内致しますので、是非ご覧ください!
どうぞお楽しみに!



ありがとうございました。

2012.02.12

大変ご無沙汰の更新で申し訳ありません。

今年は本当に寒い冬ですが、皆様お元気お過ごしでしょうか。

さて、1/28、29日、京都南座での襲名披露舞踊会では、
多くの皆様にお越しいただき、またご声援をいただき、誠にありがとうございました。
お陰さまで、東西の襲名披露舞踊会を無事に終えることができ、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

京都南座での尾上会は約20年ぶりでしたが、
京都の華やかな雰囲気の中で踊らせていただき、
とても舞台を楽しむことができました。

本当に踊りやすい、気持ちの良い劇場で、ここで踊ることができたこと、嬉しく思いました。

私にとっても新たな一歩となりましたが、
今後とも尾上流をよろしくお願い申し上げます。

私も、一人の舞踊家として一層、精進して参りますので、ご指導ご鞭撻のほど、
どうぞよろしくお願いいたします!

尾上 紫



ありがとうございました。

2011.09.06


無事に東京での襲名披露舞踊会が終わりました。

皆様本当にありがとうございました。


私が記憶しているなかで、これほど大きな公演はなかったように感じます。


尾上流家元の襲名というものがいかに重みのあることか、
私は襲名こそしませんが、尾上流の芸を継承することに変わりはないので、
その事の重さを改めて思い知り、身の引き締まる思いです。

色々な意味で忘れることのできない会となりました。


さらに、三日間という異例の公演で感じたのは、皆様の尾上流への暖かいお気持ちです。
こんなにも尾上流が愛されていることを感じたことがあったでしょうか、
たくさんの方々にいらしていただき、お言葉をいただき、応援していただきました。

尾上流の皆さん、お客様、スタッフの方々、すべての方々の力が新しい尾上流に注がれ、支えとなっているという実感です。


感謝と誇りを感じました。
心より御礼申し上げます。


代は変わりましたが、父も一層元気に踊り続けて、私たちを導いてほしいですし、
家元となった弟を支えて、
何より私も、より精進して参りたいと存じます。


進化していく尾上流をこれからも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


尾上 紫


なでしこ万歳!!!

2011.07.18

なでしこJAPAN、優勝おめでとうございます~!

キックオフからテレビで手に汗握り応援しましたが、
こんな劇的な展開とは!
素晴らしい試合でした!
優勝が決まったときは、心身が奮える感動でしたね!

熱く、熱ーくなりましたよ。

もう言葉になりません!


選手、スタッフの皆さん、お疲れさまでした、
そして本当にありがとうございました!



暑中お見舞い申し上げます。

2011.07.15

久しぶりの更新です!
本格的夏が到来といった毎日ですね。


今年は節電もあり、いつにも増して、暑さが身に染みます。。

しかし、この暑さに負けていられません!
今夏は尾上流・家元襲名公演が控えています!
出演者のお稽古はピークで毎日忙しく、あっという間に過ぎていきます、


が!

私にはその前に8/6の花形・名作舞踊鑑賞会があります。


今回は清元「幻お七」を踊らせていただきます。

櫓のお七とはまた違った風情の、
とても情緒ある曲で、
いつか踊りたいと思っていました。


皆さんの暑さを吹き飛ばせるくらい、清々しく、
中身は熱い舞台にしたいと思います!
頑張らなくてわ!


時間は例年より少し遅い、午後5時開演で、
暑い中ではありますが、足を運びやすい時間帯になっています。

どうぞ観にいらしてくださいませ!

お待ちしております!



  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10  前の10件»